汽水行き

隣の芝生は、すこぶる蒼い

CASIO G-SHOCK「GW-M5610-1BJF」

 

 今回使用した写真のほとんどは、ProCamというアプリを使って撮影したRAW画像に、パソコンで適当なレタッチを加えて現像している。
RAW現像がなんなのかよくわかっていないのだが、ソフトの「一番良い感じにするボタン」を押すだけでとてもいい色味と明るさにしてくれるから、とても助かった。

 

本題

 今回紹介するのは、CASIOの「G-SHOCK  GW-M5610-1BJF」。腕時計だ。
いろいろと書く前に、この腕時計の基本的な情報だけ記しておく。

f:id:Nozawa_nA:20200806234207j:plain

商品名:G-SHOCK(G-ショック)「MULTI BAND 6」 GW-M5610-1BJF
価格:15,000円くらいで購入(定価は22,000円)
バンド:樹脂タイプ 重さ:51.7g
主な機能:20気圧防水、耐衝撃、マルチバンド6(6種類5ヵ国の電波を受信)、ソーラー充電、反転液晶など
 

 このエントリを書こうとしたのは7月の中旬、今は8月の終わり。どういうことか、自分でもわからない。

 

 

何で買ったのか 

 この時計を買ったのは、高2の秋。修学旅行ちょっと前のこと。

 端的に言えば、修学旅行に行くにあたって、なんとなく身の回りの物を新しくしたかっただとか、行先が沖縄県で海に入る予定もあったことなどから、ちょっと雑に扱ったくらいじゃ壊れないような腕時計がほしかったというのが、購入の理由。

f:id:Nozawa_nA:20200806234241j:plain

なかなか黒々しいデザイン。 反転液晶(普通の物と、画面の白黒の部分が逆)がより黒さを際立たせる。

 当時ちょうどアルバイト始めたての僕は、本当は初めてもらう給料でこの腕時計を買いたかった。
 しかし、初回の給料に間に合ったシフトは一回きりで、内容も職場の紹介くらいだったので3時間くらい。もちろん腕時計代になるはずもなく。前からの貯金を切り崩した。実質初給料で買ったようなもん。

 

f:id:Nozawa_nA:20200806234229j:plain

腕が細すぎて、バンドが余る。求、育腕太筋トレメニュー

 

使ってみて

 さすがAmazonの腕時計ランキングで当時一位だったこともあって、全く不満がない。欲しい機能は全てそろってるし、3年くらい使ってまだピンピンしてる。15,000円でこれなら満足。

 

 特に、電波時計とソーラー充電の機能がよい。

 クオーツの宿命として月に数秒から数分の度差が生じることは避けられないことだが、この時計はそれを気にする必要が無い。おかげで秒単位で時間を気にすることも増えたが、悪くはないこと。

 また、ソーラー充電が出来るため、電池交換の必要が無い。
 ソーラーとはいえ、別に日向に放置しておく必要もなく、自分の場合はつけているだけで勝手に充電してくれている。自転車によく乗るのが功を奏しているのか、はたまたそもそも少しの光でも充電されるのか。とにかく、買ってから一度も充電表示がHighから変わったことがない。机の中にずっと置いておくなんてことが無ければ、充電に関して気にする心配は無いだろう。

 

 また、この時計の特徴として、反転液晶を使っていることも挙げられる。見ての通り、文字盤部分まで黒く、文字が白抜きされるようになっている。

f:id:Nozawa_nA:20200806234114j:plain

角度によっては、すこし見づらい。

 買う前までは、明るい場所では文字が見えないんじゃないかとか、普通の文字盤の方が良いんじゃないかとか考えたが、This is 杞憂だった。
 普通の液晶より見やすさは劣るが、支障が出るほどの物ではない。

 

f:id:Nozawa_nA:20200806234128j:plain

 ちなみに、ボタンを押すか、機能をオンにしていれば傾けることによってバックライトを点灯することも出来るので、昼よりも暗いところでは確認しやすいかもしれない。映画館では、傾け機能のOFF推奨。

 

f:id:Nozawa_nA:20200806234219j:plain

ヘアライン加工があしらわれた裏蓋も悪くないでしょ。

 

f:id:Nozawa_nA:20200806234142j:plain

バンド。樹脂のところはどうしても劣化しやすい。
金属バンドに交換したいけど、結構お値段する。

 

f:id:Nozawa_nA:20200806234155j:plain

側面。ボタンは四つ。

 

 

 腕時計をこれしか持っていないので、高校の学ラン時も大学生になってTシャツを着るときも襟シャツ&セーターを着るときも、いつもこの腕時計だ。
 G-SHOCKというなかなかスポーティなシリーズである以上、服装を選ぶ物なのかもしれないが、ずっとこれだけだ。そろそろ服に合った腕時計を選択する歳なのかもしれない。


終わりに

 あんまり筆が乗らなかった。もっと書けると思ったのに。

 とにかく、この時計はおすすめ出来る品だ。
 あまりにおすすめできる品だから、人と被ることもある。僕も、何度か同じものをつけた人と会ったことがある。G-SHOCKをつける以上、仕方ないことかもしれない。
 それさえ気にしなければ、値段も機能もとてもおすすめ。

 

 では。

 

 

 

Written by Nozawa.  Photos taken with iPhone8.