汽水行き

私の芝生も十分青い

物欲の整理場所

 欲しい物で溢れている。けれど、絶対に必要なものは割と少なくて。

 あったらいいな程度、という欲しい物がたくさん生まれてきてしまうので、それらを整理して中途半端な物欲と決別をする場所。欲しい物が生まれたら、一度ここで整理して考えてみることにしよう、そうしよう。

 

 

1.Xiaomi 11T

f:id:Nozawa_nA:20220218005809j:plain

概要

 SIMフリースマートフォン。OCNモバイルONEにMNPで約30,000円。

 

欲しい理由

 メインの携帯として利用しているiPhone12miniのほかに、もう一つ動画を観たりWebを見たりする用の端末が欲しい(以前は父親に借りていたiPad 第6世代をその枠にしていたものの、秋学期が終わって一段落ついたので返却した)。

 また、ガジェットが好きなため、11Tに搭載される120Hzディスプレイや1億画素カメラに興味がある。スクロールがなめらかになったら、Webはもちろんツイッターもヌルヌルして楽しいかなという安易な動機。

 

買っていない理由

 決め手となる理由がない。携帯は持っているし、12miniに何ら不満はない。そのため、120Hzを経験したいことやそれをツイッターに使うということと、3万円の支出を天秤にかけるとなかなか決心がつかない。

 

結論

 15,000円まで値下げされたら、その時また考えよう。

 

2.YAS-109

f:id:Nozawa_nA:20220218010410j:plain

概要

 5.1chサラウンドのサウンドバー。Amazonで約20,000円。

 

欲しい理由

 自分の部屋で映画やライブブルーレイを観るときに、良い環境を整えて体験したい。モニターは27インチのものを置いているため、臨場感を得るには十分。HDMIパススルーができるから、旧型MacbookAirでBootCampしてブルーレイを再生したり、FireTVをつかってアマプラをサラウンドで楽しみたい。

 また、他のサウンドバーと異なる点として、Alexaを搭載している点も挙げられ、喋って操作できることはもちろん、SpotifyConnectを使ってスマホで操作して出力先に選択できる(SpotifyConnectが使いたくてAppleMusicやめた)。

 

買っていない理由

 (おそらく)就職したタイミングで実家を出て一人暮らしをするが、一人暮らしのアパートなどにサウンドバーを持ち込んでも、能力を発揮できるほどの音量で利用できないのではないかという懸念点。残り1年実家で使うために買うにはもったいない。

 また、せっかくサウンドバーを買うのであれば、SONYのX8500などDolby Atmos対応機種を目指したいという思いもある他、そもそもサウンドバーで期待するサラウンド効果を得られるのだろうかという心配もある。

 

結論

 いつか、家を持ったら、部屋の一室にリアルなサラウンド環境を整えよう。それまでは、仮想サラウンドソフトかAirpodsの空間オーディオで我慢しよう。

 

3.Nothing ear (1) 

f:id:Nozawa_nA:20220221125843p:plain

https://jp.nothing.tech/products/ear-1より

 

概要

 TWS。ノイキャンあり。12,650円。

 

欲しい理由

 かっこいい。最近黒も発売されて、黒もかなりかっこいい。

 GIZMODEかどこかで初めて発売を知ったときから、欲しくてメールアドレス登録をして発売を待っていた。

 欲しい理由は、このデザイン以外に無いかも。強いて言えば、AirPodsみたいにApple製品以外とも仲良くしてくれるところとか(例えば、機器切り替えの挙動とか、装着検知とか)。

 

買っていない理由

f:id:Nozawa_nA:20220218012103j:plain

 これ。

 MaciPhoneを使っていて、AirPodsの能力を遺憾なく活かせる環境が整っているから、わざわざ新しいイヤホンを買う理由が見つからない。デザインは絶対にNothingが勝っているけれど、ノイキャン性能やら空間オーディオやら操作感やらの付加価値はAirPodsが勝っている。AirPodsがなかったら買ってるかもしれないけれど、そうなったらそうなったでXM4を買っているはず。

 デザインを評価して所有欲を満たすという目的の一点張りにすれば、イヤホンを持っていても買うかもしれないけれど、あいにくそんなに裕福じゃない。

 

結論

 もらったらめっちゃ嬉しいけど、買うにはもう一歩なにか足りない。

 

4.ポケッタブルダウン

f:id:Nozawa_nA:20220218012746j:plain

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550344726594#&gid=1&pid=9より

 

概要

 無印良品、軽量ポケッタブルノーカラーダウンジャケット、4,990円。

 全然関係ないけれど、無印の価格設定でよく使われる990とか99円とか、あまり好きじゃない。サイゼリヤみたいにしてほしい。

 

欲しい理由

 前提として、無印のかなりモコモコしたダウンを2年前に買って、今もメインのアウターして使っている。今の商品名はわからないけれど、確か撥水ダウンみたいな無印のダウンコートの中では一番しっかりしたものを買った。

 当時、アルバイトをしていたときにフィルパワー(ダウンの指数みたいなの)750をウリにしているPOPを見ていたら、どんどん欲しくなってしまったことを覚えている。確か、15,000円くらいした。めっちゃ温かい。ボトムスを中学の部活で買ったウィンドブレーカーにすると、本当に寒さを感じなくなる。

 と、いうこともあって、無印のダウンを信頼しているため、モコモコしすぎておらず家でも着やすいダウンが欲しくなった。

 

買っていない理由

 本当に寒かったら、家の中でも前述のモコモコダウンを着ればエエのでは?と気がついて、試したら案の定ぬくぬくだった。5,000円なら買ってもいいかもしれないけれど。

 

結論

 もう冬は開ける。その金でショップコートでも買え。

 

5.体にフィットするソファ

f:id:Nozawa_nA:20220218013857j:plain

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550344500590より

 

概要

 体にフィットするソファ。12,980円。だんだん値下げしていて嬉しいけれど、まだまだ高い。

 

欲しい理由

 これに座ってYouTube観たり本読んだりしたい。それくらい。

 

買っていない理由

 自分の部屋にスペースがない。PCデスクの75cm×150cmのデスクを撤去すれば置けるけれど、それはそれで困る。

 

結論

 一人暮らしをしたらこれとこたつを買うつもりなので、皆さん是非遊びに来てください。

 

6.Apple Watch SE

f:id:Nozawa_nA:20220221130533j:plain

https://www.apple.com/jp/shop/buy-watchより

 32,800円。GPS版・スペースグレイ・Nike版が欲しい。

 

欲しい理由

  1.  ほとんどの決済をキャッシュレスで行えるようになった今、携帯すらも出さずに腕で支払いできたらとっても楽そう。
  2.  ランニングアプリ(Nike Run Club)を使えるから、ランニングのときに携帯を持っていかなくても、ウォッチとAirPodsで走れる。
  3.  通知が腕に来るから見やすい。音楽の再生もできて楽そう。

 

買わない理由(番号は「欲しい理由」に対応)

  1.  そもそもそこまで外に出ることが無い(出不精)。また、お店で使うメインの決済方法をSuicaにしているが、Suicaの場合ウォッチとiPhoneで別々のSuicaを持つことになるため、どっちの残高も気にする必要があって面倒そうな点や、仮に定期券を買った場合、ウォッチをつけて行きたくない場合に定期券も置いていくことになる→自由に腕時計を選択できないということも懸念点。
     あと、改札で左腕に付けたウォッチを右側にタッチするのめんどくさそう。
  2.  そもそも、今ランニングしていないやつがウォッチを買ったからといってランニングをするとは思えない。
     走りたかったら携帯持って走れ。丁寧な暮らしに憧れてるくせに作った飯をそのまま菜箸で食べる自分を変えてから買え。
  3.  通知を受け取るだけだったら、XiaomiのMi Bandで事足りる。

f:id:Nozawa_nA:20220221132227j:plain

Mi Band 6(6,000円しないくらい)
(通知 血中酸素濃度 脈拍 生理周期管理 睡眠計測 等々対応)

 詳しくは→Xiaomi Miスマートバンド6 おすすめ。安いから、Apple Watch気になるという場合のお試しにも。

 

 また、好きな腕時計を選択できない(=1枠しかない腕時計の席を取られる)という点では、G-SHOCK  GW-M5610-1BJFというとても気に入っている時計があるため、なかなかその席を明け渡す事ができないというのも、買えない買わない理由の一つ。

CASIO G-SHOCK「GW-M5610-1BJF」 - 汽水行き

f:id:Nozawa_nA:20200806234207j:plain

かっこいい

結論

 Apple Watchのバッテリーが1週間くらい持つようになったら買うかもしれない。少なくとも、手持ちのG-SHOCKが元気なうちはいらない。Mi Bandはおすすめ。

 加えて、現時点ではAppleWatchをつけていると、マスクを付けていてもiPhoneの顔認証解除ができるというかなりのメリットもあるけれど、どうも次期アプデのiOS15.4でマスク解除がWatch無しでできるようになるらしいので、なおさら買う理由が減ってしまう。

 

7.iPad mini6

https://www.apple.com/jp/ipad/より

 

 学割で53,800円〜(64GB WiFiモデル)。

 

欲しい理由

 父親からずっと借りていたiPad(第6世代)を、ついこの間秋学期が終わったタイミングで返却した。無くなって初めて、あると便利だったなと言うことに気がついて、その枠を埋めるために欲しい。パソコンをコード外してゴロゴロしながら使ったり、スマホでも良いのかもしれないけれど、その2つの間のサイズがあれば便利な気がする。

 あれば便利という、かなり消極的な物欲。

 同じ枠に当てはめられる競合として、前述Xiaomi 11T(画面大きめスマホ)、Xiaomi Pad 5、iPad(第9世代)、iPad Air(第4世代)を考えている。それぞれ、

Xiaomi 11T
コスパが良くて120Hz対応でAtmosも対応で文句ないけれど、Androidはちょっとやだ(maciPhoneAirPods ProでAppleエコシステムにズブズブなため)

Pad 5
→同じくコスパが良くて120Hz対応でAtmosも対応で文句ないけれど、やっぱりAndroidはちょっとやだ。

(ただし、上記Android端末はPrime Videoのサラウンド機能を使えるというメリットもある)

iPad(第9世代)
コスパ良いけど、横画面にするとステレオにできないからちょっとやだ。

iPad Air(第4世代)
→そろそろ第5世代が出るらしいからやだ。

iPad mini 6
→字がちっちゃい。冷静になると、5万ってまあまあな額の買い物だからなかなか勇気が出ない。

といった具合で尻込みをしている。

 

買わない理由

 高い。スマホとパソコンでなんとかなっている、なる(=iPad以外無理というような環境やタイミングが、自分の生活には存在しない。)

 

結論

 ゴロゴロしながらコンテンツを消費する、というだけなら、AmazonのFire HD系タブレットでも事足りる。あれなら10,000円くらいで買えるはず。

 

8.m+ zonzo ortensia(ミニ財布)

f:id:Nozawa_nA:20220221140922j:plain

f:id:Nozawa_nA:20220221141021p:plain

zonzo ortensia|m+ online storeより

 

 18,700円。ファスナータイプのミニ財布。

 高校の友達がm+(「エムピウ」と読む)の別の財布を欲しいと言っていて、試しにサイトを見てみたら、自分もm+のコレが欲しくなった。

 

欲しい理由

  • キャッシュレスに合った小さなお財布
  • 十分な収納力
  • 良い色

 キャッシュレスが自分の決済のほとんどを占めているわけで、大きな財布と大量の紙幣や硬貨を持ち歩く必要性がなくなってきている。

 買わない理由とも重なってしまうが、キャッシュレス化=現金やカードの持ち歩きゼロというわけにはいかない。保険証や免許証などの身分証明書、現金オンリーのラーメン屋で使う分など、現時点ではまだ財布を持ち歩かない(携帯のみで外に出る生活)を実現することはできない以上財布を選ぶ必要がある。

 このような背景を考えると、財布は大きくある必要が無く(ピン札をしまえなくなるけど)、最低限のものを持ち運べる収納力があれば良い。といった点から、ミニ財布あるいはコンパクト財布と呼ばれるようなジャンルのものが欲しい。

 zonzoは、コンパクトながらお札を折りたたまずに収納することができる。もちろん、二つ折りや長財布などよりも手間はかかるものの、折りたたまずに収納できれば、紙幣を必要としたタイミングでスムーズに出すことができる。アルバイトでレジをやっていると、札を折りたたんだまま出してくる奴のことをめちゃくちゃ恨むようになる。個人の見解です。とにかく、折りたたむか折りたたまないかは別として、折りたたまずに収納できるのであればそれに越したことはない。

 また、カードは5枚入る。免許証、学生証、クレカ、保険証、バイトのカードでピッタリ。ポイントカードを持ち歩く人は少し困りそうだけど、こういうコンパクトな財布を買う人ならスマホにポイントカード機能をもたせることに抵抗がないと思うから心配しなくて良い気がする。自分は、ポイントカードがめんどくさくてアプリもカードも持っていない。毎回マクドナルドでポイントを逃している。

 

買わない理由

 オキニの財布がある。3万したし、4年経った今もまだまだ気に入っているので、変えるにはなかなか勇気がいる。エイジングもやっといい感じになって良い飴色になってきたし。

 また、実際この財布すらキャッシュレスばかりでほとんど使っていない(レジで出していないことが多い)から、このタイミングで新しく財布を買ってもなんだか使い切れない気がする。

 

結論

 zonzoは、社会人になって仕事用カバンにもう一つ財布を作るといったタイミングで買いそうな気がする。そういうタイミングがあればの話。

 コバの処理だったり縫製の具合も実際にお店で見てみないとわからないから、買うならお店で。財布は、オンラインで買えない。

 

9.DENON DHT-S217

DHT-S217 │ Dolby Atmosサウンドバー │ Denon公式より

概要

 Dolby Atmos対応のサウンドバー。27,000円くらい。

 

欲しい理由

 前出のYAS-109がDolby Digitalまでしか対応していない(=圧縮音源のみ対応)のに対して、こちらはTrue HDまで対応している。多分違いはわからないと思うけれど、どうせ買うならロスレスを買いたい。

 また、個人的な話ではあるが、サブスクの音楽ストリーミングサービスをやめてCDを借りたり買ったりする方向にシフトしたこともあり、YAS-109のWiFi機能に惹かれなくなったことも、サウンドバーの選び方に影響を与えている。仮に買った場合、主な接続先はブルーレイプレイヤーとパソコンである。となると、Atmosがすっごく楽しみ。Atmos対応ソフトは少ないけれど、サカナクションのAtmos対応ソフトがあるので...

 欲を言えば、96Khzのサンプリング周波数まで対応していてほしかったけれど、どうせ自分の耳じゃわからんので結構。

 

買っていない理由

 書いている時点で発売されていない、というのも理由の一つだが、やはり「自分の部屋にサウンドバーが必要なのか」ということが一番の理由。

 夜、サウンドバーでライブブルーレイや音楽等を楽しむ場合、割と早い時間に就寝する親に迷惑がかかるのではないかという心配がある。サラウンド感を楽しむなら、それなりに音量を大きくしないといけなさそうだし。現在は日中も夜もモニターにヘッドホンを繋いでいるが、買っても、結局夜は同じくヘッドホンになるのではないかという懸念。

 また、騒音に関して、社会人になって一人暮らしを始めて木造の賃貸で使ったら、昼夜問わず迷惑なのでは、という不安もある。

 

 

 漠然と欲しいと感じていたものの情報を整理してみると、案外落ち着いた。

 本当に必要なものだけを買って生きるのはつまらない(と感じる感性を持っている)けれど、精査せずとりあえず買ってみるという生き方も良くない(と考える慎重さもある)。

 このほか、V630(中華メーカーのフルHDプロジェクター)、HDMI音声分離機、プラズマクラスター空気清浄機など、様々な有象無象の物欲に日々悩まされているけれど、それらも多分買わない。

 

 

 物欲列車は止まらない...

 

振り返り